良いピアノ教室/先生の選び方


最初に出会う先生が、その子の音楽の芽を伸ばしてくださるのか、摘み取ってしまうのか、
音楽=感性を育む 第一歩を左右します。

よくある「途中でピアノを挫折する」パターン
自信のない(ピアノを教えるプロではない)先生が、主婦業の片手間や、趣味の延長でのんびりと教えるのでバイエル(ピアノの初級教本)程度で終了となるのです。

本来、教わるべき「譜読み」「正しいリズム」「フレーズ感」「心で歌う」という、ピアノに必要な要素を身につけさせるような教育・レッスンがなされていないのです。

また、子どもが「できない」「分からない」のは、先生側の教え方に問題があるのです。
あたかもお子さんに問題があるように、責める、感情でしかる先生は決して選んではなりません。



良いピアノ教室/先生の選び方



1.面接で先生のピアノ教育に対する考え・ピアノを教えた経歴について尋ねる。

  • ピアノを教えるプロかどうか?ピアノ指導者としての研鑽を積んでいるかどうか?
  • 子どもの段階にあった先生かどうか?(幼児期/導入期を得意とされている先生、次の段階を得意とされている先生など、様々です。)
  • ピアノの導入期の場合は「初めが肝心」と、妥協なく丁寧に教えてくれる先生。
    「この子は駄目だ、という子はいない。」「感性が無い子は、この世にいない。」
    という信念のもとに教えてくれる先生がオススメです。


2.体験レッスンを受ける。更に実際のレッスン風景をみせてもらう

  • グランドピアノを使用し、小さいその子にあった足台が用意されていること。
  • 教室内が整理整頓、清潔感があり、また来たいと思う先生であること。
  • 今回、受けた注意がどれかわからなくなるような、楽譜の書き込みをする先生はNG。
    (楽譜に書き込みをする場合は、読めなくならないようにコピーして使用するもの。)
  • 椅子に座りっぱなしの先生はNG。肩をやさしくたたき、リズムをとったり、歌ったり踊ったり、一生懸命の先生を選びましょう。


3.発表会・クリスマス会(ピアノの披露をする場)があるかどうか尋ねる。

  • 発表会の手配は、先生にとって重労働です。会場を予約するために半年前から、朝早く並んで抽選に参加したり、発表会のための曲を選んだり、お花やプレゼントの手配、親御さんへの案内など手間がかかることばかりです。
  • ささやかなものでも構わないので、お教室の発表会を開く先生は、教えることが好きな先生です。
  • お子さんにとって発表会は、集中して曲を仕上げ、ぐっと成長する「励み」になる場です。人様の前で弾く為の衣装。そして、拍手。また、来年練習して頑張ろうという気持ちになれます!


ピアノの先生の選び方 実際のNG集



  • グランドピアノで指導をしない。
  • ピアノを習わせたいのに、初めにエレクトーンを勧める。
  • ピアノを弾く際に、足の届かない子に足台を使わない。
  • お台所から、エプロンで手を拭きながらレッスン室にくる。
  • スケールは指の練習だから、しばらく指をほぐしてて、と自分は消え、奥で 掃除機をかけている。
  • 約束の時間にいったのに、前の子で時間オーバー。
    自分の時間を、もう一週同じところを弾いてきてね、と短縮する。
  • 感情で怒られ、説教でレッスン時間が終わる。

にわかに信じられないでしょうが、今もこういう先生はいらっしゃいます。
こういう、やる気のない先生に習わせないように、することです。
こういう先生の曲の仕上げは、とりあえず譜面どおりに弾けたら、テンポが多少スローだろうと花丸をつけて、先に進みます。

しかし、実は 「譜面どおりに弾けた」という段階はスタート地点にやっと立てたという状態です。
本来であれば、「さあ、これから、音を作っていきましょう。」となるのが正しいのです。

この「音づくりの段階」にこそ、当お教室の音脳リトミックが生きてくるのです。

前述の、感情で怒るという先生は論外ですが。
大切なお月謝をドブに捨てることのないようなお教室をどうぞ、選ばれますように。



MENU

運営者情報

(一社)日本音楽育脳協会
音脳千葉ニュータウン校
このはなbaby
音脳リトミック・ピアノ教室

代表 松村 京子
千葉県印西市草深2439-2
Tel:0476-33-3802
info@konohanababy.com